木炭価が高いブログ

めっちゃ木炭(`・ω・´)

Mac を macOS + Windows + Linux (Gentoo) のトリプルブートにする(`・ω・´)

Mac をトリプルブートしたい方は「なんでトリプルブートするんだろう?」ということに疑問を持つことはないと思いますので、前置きはこの辺にしておきます(`・ω・´)

Linuxディストリビューションの選び方

結論: Gentoo がよいのではないでしょうか(`・ω・´)?

Mac に 3 つの異なる OS を動かそうとすると一番問題なのはブートローダをどうするかということです。 ESP に各 OS のブートローダを相乗りさせたいところですが、ESP は正直手動でいじりたいパーティションではないです。 OS のインストーラは勝手にパーティションをいじったり ESP にファイルを配置したりして管理上良くないので、 Live CD から手動でインストールするタイプの Arch LinuxGentoo Linux がよいかと思われます(`・ω・´)

ところで最近 M1 Mac というものが登場しました。 これは amd64 ではないので本家の Arch Linux をインストールすることはできません。 いま自分の手元にある Mac はすべて Intel Mac ですが、将来のことを考えたときに、 Gentoo Linux が最も未来があるのではないでしょうか(`・ω・´)

環境

  • iMac 2019 (19,2)
  • Big Sur 11.2.3

今回の目標

  • すべての OS でディスクを暗号化して使う
  • Gentoo は Btrfs を使っていいかんじにする
  • Gentoo は Genkernel を使う(Genkernel はハマりポイントが多い)

手順

  1. macOS をディスク全体にインストールする
  2. Boot Camp を用いて Windows 10 をインストールする
  3. Windows 10 から Windowsパーティションを縮小して Gentoo のための空き領域を確保する
  4. Mac から rEFInd をインストールする
  5. Gentoo をインストールする
  6. Gentoogrub を使わずに rEFInd から直接起動する

macOS のインストール

macOS は最初からインストールされていると思います。 ここでのポイントはディスクユーティリティなどを使ってパーティションを切ったりしておかないことです。

macOS を暗号化するには FileVault を使えばよいのでらくちんです(`・ω・´)

Windows 10 のインストール

Boot Camp を用いて Windows 10 をインストールしましょう。 ここでのポイントは Windows の領域を大きめにとっておくことです。 Windows + Linux の大きさの領域を準備しておきましょう(`・ω・´)

Windows を暗号化するには BitLocker を使います。 Mac で BitLocker を使うときに TPM が使えないので代わりに USB メモリを使うことになります。 このとき USB メモリは FAT でフォーマットしておきましょう。 私は exFAT にしてしまったのですが、これは Linux で暗号化するときに面倒なことになります(なりました)

Gentoo のための空き領域を確保する

Windows を起動して Windows から Windowsパーティションを縮小します。 これは Windows の標準機能で操作が可能です(`・ω・´)

Mac から rEFInd をインストールする

rEFInd をブートに使うのが安定です。 rEFInd のインストールには SIP を無効にする必要があるので気をつけましょう。 Mac からインストールするのがよいと思います。 Gentoo の /boot に Btrfs を使いたい場合は Btrfs のドライバもインストールするようにしましょう(`・ω・´) (これはめんどくさいので /boot は ext4 にするのがよいと思われます)

Gentoo をインストールする

Gentoo Wiki を見ながらインストールします。 今回は、

  • Dm-crypt を使ってルートを暗号化する
    • key file を使う
  • Btrfs の透過圧縮を使う
  • Btrfs の subvolume を使ってスナップショットを簡単に取れるようにする
  • Genkernel を使ってカーネルをビルドする
  • Grub は使わない

という路線でいきます。

そうだ、Gentoo をインストールするときは tmux を使っておくと色々はかどります。 Live CD にインストールされているので使わない手はない(`・ω・´)!

Gentoo の暗号化には dm-crypt を使うのがよいと思います。 パーティション構成は

/dev/nvme0n1p1    (EFI) (Linux からいじらない)
/dev/nvme0n1p2    (macOS)
/dev/nvme0n1p3    (Windows)
/dev/nvme0n1p4    /boot    ext4
/dev/nvme0n1p5    /        btrfs

にするのがよいでしょう。

ここでのポイントは /boot を ext4 でフォーマットすることです。 rEFInd は普通のインストールで ext4 のドライバのみがインストールされます。 Btrfs もブート可能ですが操作がちょっと面倒になるので ext4 が簡単でよいです(`・ω・´)

/dev/nvme0n1p5 を dm-crypt で暗号化することになります。 ここでのポイントは cryptsetup open をするときに root という名前で open することです。

# cryptsetup open /dev/nvme0n1p5 root

Arch Wiki を見ると cryptroot という名前になっていますが、root にしないと Genkernel がルートを開けない(もしくは追加のカーネルパラメータが必要になる?) みたいです。 ちゃんと調べてないですが cryptroot だとハマったので root がよいみたいです(`・ω・´)

ここで Gentoo の起動時に毎回パスワードを打ち込みたくないという気持ちになります。 このとき key file を使うとよい気分になれます。 ちょうど Windows の BitLocker のために準備した USB メモリがあるのでこれを使いましょう。 USB メモリは FAT でフォーマットされていることだと思うので、ここに key file を設置しておきます。 Genkernel でビルドした initramfs からは exFAT を見に行くことができないので、 FAT でフォーマットすることはとても大事です(`・ω・´)

Btrfs の便利機能に透過圧縮があるので今回は使うことにします。 透過圧縮のアルゴリズムは lzo がよさそうです。 zstd も試してみましたが、カーネルのビルド時間が倍になりました。 透過圧縮を使うときはマウントしたあとに remount することでできます。

# mount /dev/mapper/root /dev/mnt
# mount -o remount,compress=lzo

Btrfs の便利機能に subvolume を用いたスナップショット作成があります。 Subvolume の配置は Arch Wiki を参考にしました。 ルートディレクトリに / が配置されないのはなんか面白いですね。 Btrfs Wiki も参考にしました。 fstab は

UUID=****  /var/lib/docker  btrfs noatime,subvol=/var/lib/@docker 0 0

みたいな雰囲気になります。 ところで fstab で思い出しましたが、NVMe の SSD では discard にしないほうがよいらしいです(Should TRIM be avoided for NVMe drives?) あと fsck も 0 がよいらしいです(`・ω・´)

Genkernel を使ってカーネルと initramfs をビルドします。 Genkernel を使えば楽ができてよいですね〜〜とおもっていたのですが案外ハマりポイントが多いです。 Genkernel は次のオプションを付けて実行します

# genkernel all --keymap --luks --btrfs --microcode

Genkernel のハマりポイントを上げていきます。

  • cryptsetup がインストールされていなくてもルートをマウントできてしまう

これまじでなんで?? ってなります。お前 cryptsetup インストールしてないやん。 cryptsetup のインストールを忘れずに行いましょう。

まじかーって感じです。FAT にしましょう。

そしてこれは Mac 特有の問題ですがカーネルソースコードをいじらないと Bluetooth が使えるようにならないらしいです(State of Linux on the MacBook Pro 2016 & 2017カーネルソースコードに書き加えるコードは数行なので、 Genkernel する前に書き換えておくとよいですね(?)

最後にブートローダですが Grub のかわりに rEFInd を使います。 /boot/refind_linux.conf を設置してカーネルパラメータを書いていきましょう。 今回は Genkernel を使ったので man genkernel しながらパラメータを書いていきます。 ポイントを上げていきます。

  • cryptroot=UUID=**** する
  • root_key=path/to/key する
  • root_keydev はなくても keyfile を探してくれる(あったほうがよい)

終了

OS をインストールすることと OS を便利に使うことは違うと思いますが、 すべての OS がひとつの PC で動くようになって満足です(`・ω・´)

GentooInstallBattle した(`・ω・´)

Gentoo LinuxVirtualBox 上にインストールした

来年から研究室でなんのOSを使おうかな〜〜と考えたときに,Linux にしようかと思いました。せっかくならキワモノを使いたいということで,練習のために VMGentoo をインストールしました(`・ω・´)

f:id:highmoctane:20200316012057p:plain

じゃじゃーん(`・ω・´)

構成

  • Grub
  • Dm-crypt を用いて root を暗号化
  • Genkernel
  • Systemd
  • i3wm

覚えたこと・詰まったこと

Arch Linux のインストールとそんなに変わらなかった

Arch Linux をインストールすることには慣れていましたが,手順はだいたいいっしょだなあということを確認できました。違いは GCC のパラメータを設定することくらいです。とくに今回は OpenRC ではなく Systemd を使ったため,本当に違いを感じませんでした。OpenRC と Systemd のどちらを使うかまだ決めていませんが,おそらく Systemd を使うことになるでしょう。時代の流れだもんね……(`・ω・´)

Grubカーネルパラメータを渡せない

Dm-crypt で root を暗号化する際には,カーネルパラメータで root が暗号化されていることを教えなければなりません。具体的には,

cryptdevice=/dev/sdaX:cryptroot root=/dev/mapper/cryptroot

を渡します。

しかしこれが何故かうまくいきません。

原因はおそらく grub のインストール方法にあると思います。今回のインストールでは --removable フラグを与えて,

# grub-install --target=x86_64-efi --efi-directory=/boot --removable

としてインストールしました。うろ覚えですが VirtualBoxEFI boot するとき,ブートローダーのパスは/EFI/BOOT/bootx64.efi しか受け付けてくれなかったはずです。Grub の設定は従来どおりに

# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

としてしまったため,どうやら grub.cfg を読みに行かなかったようです。いま書いていて気づいた……。

いままで systemd-boot ばかりつかっていたので grub よくわからん…….。あとで man 読みます……。

とはいえブートに失敗しても grub の rescue shell が起動します。Shell に入って

# cryptsetup open /dev/sdaX cryptroot

とすることでブートできるので,多少めんどいだけでどうにかなります(`・ω・´)

<追記>

今回カーネルにパラメータを渡せなかったのは genkernel を使っていたからでした。

Genkernel の man ページを見ると initramfs を使った場合のブートの仕方が書いてありました。

なるほど感(`・ω・´)

カーネルのビルド

今回はカーネルの設定までやっていたら日が暮れてしまうので,genkernel でカーネルビルドすることにしました。Dm-crypt で root を暗号化している都合上 initramfs も作成しなければならなく,genkernel にまかせてしまえば一石二鳥です。やったね!

Genkernel を実行する際には --luks オプションを渡し忘れないようにしましょう。

本番では自力でカーネルビルドしてみようかな〜〜と思っています。でもアップデートがめんどくさそうですね。みなさんどうしてるんだろ(`・ω・´)

Systemd

Gentoowiki は OpenRC をデフォルトとして扱っているので,systemd を使う際は気をつけないといけないなと思いました。一方 Arch Linux は systemd を使っているため,情報が豊富です。インストールの際は Gentoowiki と Arch の wiki を交互に見るようになりますね(`・ω・´)

i3wm

流石に CUI で研究生活を送るわけには行かないので i3wm を導入することにしました。Gnome いれるの Gentoo ではきつそう……。Gentoo では Arch と違って dmenu や i3bar がついて来ません。せっかくなので polybar をインストールしてみました(`・ω・´)

dmenu がセグフォで落ちる

dmenu に文字を打ち込もうと思うと突然 dmenu が消えます。なんで?? と思ってログを見ていると,どうやらセグフォで落ちてしまうようです。困った。 ということでググったら情報が出てきました。

bbs.archlinux.org

どうやら locale が変わったところだと落ちるようです。なんで??

仕方がないので dmenu が実行されるときだけ locale を変更します。今回は i3wm を使っているので,~/.config/i3/configdmenu のところを

exec LC_ALL=en_US.UTF-8 dmenu_run

にします。これで動いて一安心です(`・ω・´)

USE フラグの立て忘れに注意

ターミナルエミュレータをなんか入れないといけないので,とりあえず urxvt をインストールしました。いざ開いてみると文字化けします。困った。

原因がわからずに 1 時間くらい溶かしました。

そこで,$ equery u rxvt-unicode で USE フラグを確認すると,xft のフラグを立て忘れていました。どうりでフォントがおかしくなるわけだ……。フラグを立て直してビルドし直したら無事にフォントがきれいに表示されました。めでたしめでたし(`・ω・´)

emerge --oneshot が便利

Gentoo をインストールした記念に neofetch のスクショを撮るのが恒例だそうです。でも neofetch のスクショとったらもう neofetch 使わなくないですか……?

そんなときは --oneshot をつけるのが便利です! --oneshot をつけると neofetch がインストールされたことが world に記録されないため,次回の emerge --depclean できれいに消えます。Gentoo を使う人はきっと潔癖なので,こういうオプションが生まれたのでしょう(`・ω・´)

Arch よりは安定してそう

Arch よりも Gentoo のほうがカーネルのバージョンが古いです。なんとなくカーネルパニックになりにくそうな気がしています。気のせいかな? まあ lts を使えという話ではあると思います(`・ω・´)

感想

一通りやってみて,意外とやっていけるのではないかという気がしてきました(`・ω・´)

AtCoder が水色になった(`・ω・´)

AtCoder が水色になりました。やった〜〜(`・ω・´)!!!

f:id:highmoctane:20200315000117p:plain
水色になったの図
うれしいなあ(`・ω・´)

経緯

2019年の4月に AtCoder を始めました。1〜2週間に1回強制的にプログラムを書かなければいけない日を作って,プログラムの書き方を忘れないようにする目的で始めました。 レートに猛烈にこだわることはなく,寝不足の日もお酒を飲んだ日も構わずやりました(`・ω・´)

しばらく緑で停滞していたので,2020 年に入った頃に,そろそろちゃんとやろうかな? という気になりました。LeetCode の問題を解いて競プロに出るアルゴリズムの勉強を始めました。すぐにレートが上がって水色に届いたので,勉強の成果が少しは出ているのではないかなあと思います(`・ω・´)

茶→水になるまでやったこと

  • Python の書き方を覚える
    • 入出力に困らないようにする
      • 何も考えずに map() を使って数列を int に変換する
    • 標準ライブラリを把握する
  • 入力の条件をよく確認する
  • 計算量を気にする
  • 変なバグを埋め込まない
    • 1始まりのインデックスをあらかじめ0始まりに変換しておく
    • Python 独特のインデントのミスなど
  • DFS を何も見ずに書けるようにする
    • 再帰でもスタックでも
  • BFS を何も見ずに書けるようにする
  • 二分探索を書けるようにする
  • 簡単な DP を完全に理解する
  • Deque を使えるようにする
  • Priority queue を使えるようにする
  • Bit を使って全探索できるようにする
  • 累積和を使えるようにする
  • しゃくとり法を使えるようにする
  • Union-Find の存在を知る
  • ローマ字の変数を躊躇なく使う(!)
  • 変なコーナーケースに引っかからない
  • 蟻本を手元に置く
  • LeetCode の Easy から Medium を 100 問くらい解く
  • Golang を習得する
  • Gentoo Linux をインストールできるようにする

こうやって書いてみるとやることたくさんありますね(`・ω・´)

思えば AtCoder を始めた4月は DFS も BFS もおぼつかないレベルだったので,進歩したなあと思います。

ローマ字変数を使うことについて

例えば

wa = sum([1, 2, 3])

とします。

これはいかがなものかとお考えになるでしょう。 しかし,ローマ字変数をを使うことにはメリットがあります。

  1. 英語に訳さなくて良い
  2. Python の組み込み関数を上書きしなくて済む

とくに 2. は大きいと思います。 sum という変数名が使えないから total にしようとか変なことを考えずにコーディングに集中できて良いです。

競プロ以外では使わないようにしましょう(`・ω・´)

就活

水色は就活に役に立つのか??? 立ってほしいなあ……(`・ω・´)

勉強法

LeetCode の Easy から Medium を100問くらい解きました。LeetCode の問題は木の探索や DP など教育によさそうな問題が多くありました。AtCoder のように考察が必要な問題は多くはありませんが,アルゴリズムの習得という点では良いのではないのでしょうか(`・ω・´)

感想

水色はうれしいなあ〜〜(`・ω・´)

ここから先の色になるのは趣味の領域だなあと感じているので青を目指すかどうかはわかりませんが,ゆるゆるやっていきたいと思います(`・ω・´)

英語の入力補完をする VSCode 拡張を公開した(`・ω・´)

英語の入力補完をする VSCode 拡張を書きました!

animation

これを使うことで英文の入力が楽々になります(`・ω・´)!

できること

すでに入力された英文から次に来やすい単語を推測して表示します。

また,英単語の綴りの入力補完もできます。

インストール

このプラグインVSCode にインストールする前に, nextwordnextword-data をインストールする必要があります。

これに関しては前に書いた記事

highmoctane.hatenablog.com

をご覧ください。

コマンドラインツールのインストールを終えたら,VSCode 上で "Nextword" を検索します。 すると以下のスクショのように見つかるはずです。

f:id:highmoctane:20200130143914p:plain
vscode-nextword

満を持してインストールボタンを押して完了です(`・ω・´)

ブラウザ上でも "Nextword" を探すことができます。 以下のリンクから見つけることができます。

marketplace.visualstudio.com

VSCode を使って英語を書く方におすすめなので是非使ってみてください(`・ω・´)!

英語の入力補完に使えそうなコマンドラインツールを作った(`・ω・´)

与えられた英文に続く単語を予測するプログラムを書きました。

ごらんください(`・ω・´)

f:id:highmoctane:20200119055040g:plain

Nextword

標準入力に入力された英文から,次に最も現れやすい単語を標準出力に返すコマンドラインツールを作りました。

github.com

このツールは2通りの使い方ができます。

単語の入力補完

単語の続きまでを入力すると,そのスペルで始まる単語をぶわーっと返します。 難しい単語もスペル丸わかりですね(`・ω・´)! f:id:highmoctane:20200119060649p:plain

英文の入力補完

英文の続きまで入力すると,その英文の次に来る単語の候補を 出やすい 順で返します。 これはめっちゃ便利(`・ω・´)!

このとき,英文の最後に スペース を入れてください。これは「単語の入力補完」モードと区別するために必要です。 f:id:highmoctane:20200119061414p:plain

インストール

このプログラムは本体とデータセットに分かれているため,両方をインストールする必要があります。

本体のインストールには,まず Go 言語のコンパイラを入手します。 それが終わったら以下のコマンドをターミナルで入力します。

$ go get -u github.com/high-moctane/nextword

これで本体のインストールは終わりです。

次にデータセットのインストールをします。 データセットは以下のリンクから入手できます。

github.com

small と large がありますが,これはデータの大きさです。 大きいほうが賢いですが,容量を食います。 好きな方をダウンロードして適当なところに展開します。

保存したら環境変数を登録します。変数名は NEXTWORD_DATA_PATH で,値は展開先のパスです。 お使いの OS によって登録方法が違うのでご確認ください。

ターミナルで

$ nextword

としてエラーメッセージが出なければインストール終了です。

オプション

実行時に渡すオプションで振る舞いが変化します。

-c オプション

-c n オプションは表示する候補の最大数を n にします。

$ nextword -c 100

とすると,候補が大量に表示されます。

-g オプション

-g オプションを与えると,できる限り多くの候補を表示します。

例えば,"Alice was beginning to " という入力に対し,デフォルトでは get のみが表示されますが,-g を与えると, get feel be think take look wonder show make see になります。

原理の説明はちょっとむずかしいのでまた今度にします(`・ω・´)

応用

このプログラムをテキストエディタに使うことによって入力補完ができるようになります(`・ω・´)! f:id:highmoctane:20200119064447p:plain これは VSCode 上で入力補完できているスクリーンショットです。

こちらはまだ公開していませんが,そのうちできたらいいなあと思っています(`・ω・´)

ラップ bot を書き直した(`・ω・´)

ラップ bot とはなにか?

ラップをひたすらつぶやく Twitterbot です。

韻を踏んでいるのが特徴です(`・ω・´)

作った背景

マルコフ連鎖を使って人工無能が作れるという話を聞きました。 それを応用して面白おかしい Tweet をする bot が存在していることを知りました。 じゃあ自分もやってみようかな,と思いましたが全く同じものを作ってもしょうがない。 ならば韻を踏ませてはどうか,ということでラップ bot のアイデアが誕生しました。

それと同時期に新しい言語を習得してみたいというモチベーションを持っていました。 当時の私は C と Ruby をかじったことがある程度でした。 C 言語で Twitterbot を作るのは大変厳しい。 Rubybot を作るのが大変簡単だが,ラップ生成アルゴリズムと相性が悪いのではないか。 ということで Go 言語に行き着きました(`・ω・´)

アルゴリズム

  1. マルコフ連鎖を使って大量に短文を生成しておきます。

  2. 短文を生成したときに,同時にその短文の発音方法を解析しておきます。

  3. 短文を2つ用意します。

  4. 2つの短文の発音方法が似ていたらラップ成立,似ていなかったら短文を捨てて 3 に戻ります。

最悪計算量は O(∞)です。 でもやってみるとすごい勢いでラップが生成されます。 なんでも試してみることですね(`・ω・´)

macOS Catalina に無理やり初音ミクV4Xをインストールする(`・ω・´)

初音ミクをお迎えした

ついに初音ミクをお迎えすることができました!やったー!

ということで早速インストールと思いましたが,すでに自分の Mac は Catalina にアップデートされていたのでした……。 でも大丈夫!? 結論からいえば,無事にインストールして動かすことができるようです。

でも公式には対応されたと発表されていないはずなので,なんの保証もできません。素直にアップデートは控えておいたほうがいいです(`・ω・´)

VOCALOID をインストールする

まず,購入した zip を展開してインストーラを走らせます。これは問題なくできるはずです。

問題はアクティベーション。指示のとおりにやってもうまくいかないはずです。 具体的にはアクティベーションの過程で

This computer has an Internet connection. (Activate with this computer)

を選択すると,「ネットワークに接続されていないかサーバーが落ちてる」という旨が出てうまくいかないのです。

解決法は簡単で,

This computer has no Internet connection. (Activate with another computer)

を選択してアクティベーションすればよいです。 Activate with another computer とありますが,実際ネットにはつながってるので作業自体は 1 台の Mac で完結します。

これでインストールできました(`・ω・´)

Piapro Studio をインストールする

私は Logic Pro X を使っているので Logic Pro X の話をします。 そのため,AU プラグインとして Piapro Studio を使っている方にしか当てはまらないです。

まず,購入した zip を展開してインストーラを走らせます。これは問題なくできるはずです。 Logic にプラグインが認識されるのに Mac の再起動が必要かもしれないです。

問題は Piapro Studio が Logic の認証に失敗することです。 Logic を立ち上げると「検証に失敗しました」と出て,非互換のプラグイン扱いされてしまいます,困った。

解決方法は,Piapro Studio を手動でアップデートすることです。 購入元から Piapro Studio のアップデータを入手することができるはずなので,これを適用します。 するとどうにか検証に成功するようです。 ちょっと忘れてしまいましたが,アップデートされた Piapro Studio を有効にするにはプラグインマネージャを開いて手動で操作する必要があったかもしれません。

これでインストールできました(`・ω・´)

動作した

これらをすることでどうにか初音ミクに歌ってもらうことができました。 今のところは不具合は見つかっていませんが,致命的になんかやばい非互換を踏んでいるかもしれません。 初音ミクちゃんがかわいそうなので Catalina にインストールするのはしばらくやめておきましょう(`・ω・´)

© 2015 high-moctane